デジタルマーケティングプラットフォーム「Squad beyond」、半年で10倍の月間広告流通額100億円を突破

プレスリリース

株式会社SIVA(本社:東京都中央区、代表取締役CEO:杉浦 稔之、以下 SIVA)は、自社が開発・運営を行うデジタル広告の「制作」から「改善」までの全工程をワンストップで完結させる新しいデジタルマーケティングプラットフォーム「Squad beyond(スクワッド ビヨンド)」において、2020年7月の正式リリースから1年で月間広告流通額が100億円を突破したことをお知らせいたします。(2020年7月時点)

成長に向けた通過点として捉え、産業を支えるデジタルインフラとなるべく開発と運営を継続してまいります。

「Squad beyond」の概要

「Squad beyond」は、WEB広告用のLP制作を起点に、WEB広告の運用・効果改善に必要なすべてのツールが一体化され、広告制作関係者の全員が同一の環境で作業できるプラットフォームです。

広告効果を計測・改善するためのツールは市場に数多く存在しています。

それらのツールと「Squad beyond」との決定的な違いは、単に広告のレポートや解析・最適化ができるだけでなく、「誰の、どんな業務が、どんな広告効果を生んだか」までが一本のデータとして存在し、関係者・パートナー同士でそのデータを確認できることにあります。

一般に、広告制作の業務において制作物の再現性を保つ難易度は高く、広告制作は属人性の高い領域でした。私たちはこの「属人性の高さ」こそが広告業界のさまざまな問題の根源にあると考えています。

属人性が高ければ、その人にしかできない業務が増えて長時間労働につながり、客観的に見ると非効率的で不要な作業も生まれやすくなります。非効率な作業の連続は、利害関係者の間に歪みを生じさせます。その結果、パートナーであるはずのクライアント、代理店、媒体と消費者との分断が発生し、短絡的な思考に陥りモラルを逸脱した表現や広告手法で非効率をカバーする行為が時として見られるのがデジタル広告業界の実情です。

「Squad beyond」では、こうした負の側面を解消することを目指して、「誰の、どんな業務が、どんな広告効果を生んだか」が確認できるようになっています。

関係者同士で業務のプロセスを「Squad beyond」というプラットフォーム上で確認しあえるため、成果のクオリティーが担保されながら、スピーディーに広告制作を進めることが可能です。

関係者間の信頼の構築は、弊社が当初に想像していた改善効果をはるかに超えるものでした。ユーザーの皆様へのヒアリングから、業務スピードや利益の向上だけでなく、パートナーや社員の評価に至るまで「Squad beyond」の実用範囲が拡大されていることが分かっております。

信頼を構築しながら高いクオリティーを保ち、ハイスピードで業務を遂行できるため、大きな改善効果を生み出すプラットフォームとしてユーザーの皆様よりご支持いただいたことが、リリースから1年での月間広告流通額100億円突破という今回の結果につながったと考えております。

◆Squad beyondのこれまで

「Squad beyond」は2020年7月のリリース以来、ユーザーの皆様からのご支持をいただき、2021年1月に月間広告流通額10億円、累計での流通額は50億円をサービス開始から6ヶ月という期間で突破することができました。

<参考>
WEB広告の効率・透明性・安全性を実現するデジタルマーケティングプラットフォーム「Squad beyond」正式リリースから6ヶ月で広告流通額累計50億円を突破(2021年1月19日公開)

さらにこの度、リリースから10ヶ月で月間広告流通額が100億円の大台を超え、1月時点での実績から10倍の成長を達成しました。
制作から分析、効果改善まで、デジタル広告の根底を支えるプラットフォームとして成長を続けています。

「Squad beyond」のこれから:「産業を支えるデジタルインフラとなり、全ての事業者の成功を支援する」

現在「Squad beyond」が利用されている主な領域である成果報酬型広告、ディスプレイ広告、検索連動型広告の市場は、国内インターネット広告市場全体の中で約1兆3,500億円、約75%を占めるとされ、昨今のコロナ禍においてもインターネット広告市場は拡大を続けています。

企業だけでなく個人でもクレジットカード1枚で使えるという手軽さから、自社の商品やプロダクトの魅力を伝える手段として、今やあらゆる産業で欠かせないものとなっています。

その一方で、昨今のデジタル広告市場は不正や不透明性、過剰表現やフェイク広告、それに伴う社会の分断など様々な問題が発生していることも事実です。

デジタル広告の領域も含め、インターネットにおける「透明性」と「安全性」が強く叫ばれるようになってきています。

デジタル広告を取り巻く問題や時代の声に対応するには、デジタル広告の運用業務に携わる関係者全員のモラルや信頼関係の構築が不可欠です。

「Squad beyond」は、「デジタル広告のモラルを守り透明性と安全性を担保するプラットフォーム」をあるべき姿として、先述のようにデジタル広告の運用業務に携わる関係者全員のモラルや信頼関係の構築が自然とされるような仕組みを採用しています。

同時に、私たちは全てのお客様について、広告の運用効果を最大限引き出していただくことを重要視しており、機能の追加やアップデートだけでなく、相談窓口のリニューアルと体制強化も直近では実施いたしました。

プラットフォームとしてユーザーであるお客様のご要望やご相談を起点にサービスを提供することでデジタルインフラとなり、広告の運用成果を通してお客様の成功を支援し、更なる成長を目指して参ります。

SIVAが「Squad beyond」に込める想い

弊社代表の杉浦は、2014年より株式会社Gunosyにて広告事業に従事し、市場の拡大とともにデジタル広告(特にダイレクトレスポンス)における事業者側の情報の非対称性やトレーサビリティの欠如、実際に配信される広告の品質やその運用手法、それに伴う作業の煩雑さや長時間の業務に課題意識を持つようになりました。

そして、昨今のデジタル広告市場は不正や不透明性、過剰表現やフェイク広告、それに伴う社会の分断など様々な問題を抱えています。

こうした問題を念頭に、「Squad beyond」は「デジタル広告のモラルを守り透明性と安全性を担保するプラットフォーム」であることを重視しています。デジタル広告市場の負の側面を一掃しながら、「産業を支えるデジタルインフラとなり、全ての事業者の成功を支援する」ことを最大の目的として開発・運営を行っています。

デジタル広告に関わる関係者(クライアント・代理店・制作会社・運用者)がそれぞれの業務を同一プラットフォーム上で行うため、全ての作業履歴の可視化やノウハウの蓄積も可能です。

方向性を確かめ合いながらパートナーと協働できるため、自然と信頼性が高まる仕組みになっています。
これらのメリットや結果は、ワンストップであるからこそ実現できるものです。

お陰様で「Squad beyond」は、これまで弊社の想いに共感していただいたお客様から口コミで広がり、リリース以降スタートアップや東証一部上場企業を含む累計200社以上の様々な事業者様にご導入いただいております。

売上の向上や業務効率の大幅改善などの実績が報告されており、『売上が昨年比400%向上した』『従来の40%の工数で同じ業務が可能になった』等、多数のお声を頂いております。

<参考>

ロードランナー株式会社様「昨対400%成長!急成長の一因となったSquad beyond」

昨対400%成長!急成長の一因となったSquad beyondロードランナー株式会社 - Squad beyond
岩手県出身。リテラシーが高く広告に積極的な福岡で起業した。前職からデジタルマーケティングに携わっていて、前職時代に福岡営業所を立ち上げる目的で福岡に来ました。元々は岩手県出身なのですが、福岡はデジタルへの理解もあるし広告に積極的だなと感じて。

株式会社セプテーニ様「60%以上もの工数を削減し、クライアントからの評価も大きく向上。さらに進化できると感じさせてくれるツール。」

60%以上もの工数を削減し、クライアントからの評価も大きく向上。さらに進化できると感じさせてくれるツール。株式会社セプテーニ - Squad beyond
濱口さん:分析ツールって色々あると思うんですよ。ただ、他社ツールだとどうしてもCMSやドメインなど、使い勝手の部分とそもそも組織全体で使えるのか?という問題が出てくる。そこがSquad beyondでは解決できていますよね。Squad beyondの競合に当たるツールが、僕は思いつかないです。様々な他社ツールも調べたり...

また、Squad beyondユーザーの利用データはサーバー上に全て蓄積されます。様々なユーザーから集まる利用データは多様性に富み、加速度的に増えて膨大なものとなって「唯一無二」のデータとなります。

将来的には、「Squad beyond」上に蓄積された独自のデータを有効活用することも構想しています。

「Squad beyond」の主な機能の紹介

  1. LP/メディア制作
    直感的な操作でLP制作ができます。サーバー不要・独自ドメイン利用可能です。
  2. 解析・最適化・レポート
    ワンプラットフォームのため、設定不要でテスト機能やヒートマップ、アクセス解析などが全て定額で利用できます。
  3. コラボレーション
    広告主と広告代理店、制作会社、運用者などを招待したり、アカウントをひもづけて同時に利用できます。
  4. コンテンツの検閲・審査
    関係者のプラットフォームが共通化されており、制作・運用したLPなどの運用履歴が自動的に蓄積されます。
    全ての作業に対し検閲や改善指示ができるため、パートナーと方向性を確認して信頼を高めながら作業を進めることができます。
    審査機能によって、広告主様が意図しないコンテンツが世に出ることを防げます。
  5. 「Squad beyond」がデジタル化の進む現代社会における広告業界の課題解決及び利用する皆様の利益向上により一層お力添えできるサービスとなるよう、今後も開発・運営を進めてまいります。

    【株式会社SIVA 会社概要】
    会社名:株式会社SIVA
    代表者:代表取締役 杉浦 稔之
    設立:2016年10月
    所在地:東京都中央区入船2-3-7 TSUKIJI EAST SQUARE 7F
    会社ホームページ:https://siva-s.com/

    導入のお問い合わせは以下のメールアドレスへいただくか、弊社サービスサイトの右下に設置しているチャットへお寄せください。
    お問い合わせ用メールアドレス:beyond-notifysquad@siva-s.com
    「Squad beyond」サービスサイト:https://service.squadbeyond.com

    【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
    株式会社SIVA 広報担当:權堂(ごんどう)
    電話:070-8469-2986
    メールアドレス:yuki.gondo@siva-s.com

タイトルとURLをコピーしました